模型/玩具収集記録
[ ソフビ(大) ] のタグを含む記事
次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] スポンサー広告 | TB(-) | | CM(-)

【CCP】1/6特撮シリーズ


↑2011年発売,体高:約26.5cm
こちらのブラックVer.はイベント限定販売だったと思います。
まぁ、ブラックVerとかガンメタVerなんて、どうでも良いですけどね。


↑2011年発売,体高:約26.5cm
ハイグレード山脈出現Ver.です。


↑2011年発売,体高:約26.5cm
ハイグレード雪原バトルVer.です。

初代に続いて発売された2代目です。2代目は目がLEDで発光するようになりました(初代の黒目を光らせても仕方ないですけどね)。
山脈出現Verと雪原バトルVerって、もう少し違いをハッキリさせないと袋から出したら区別がつかなくなっちゃいますけど!?塗装の雰囲気はサタコレの方が良かった様にも思えますが・・・。
汚し塗装がキツ過ぎるように感じます。もしかすると、未購入のノーマル塗装Ver.の方が良かったかもしれません。
スポンサーサイト
[2016/07/30] CCP | TB(0) | CM(0)

【バンダイ】限定版レッドキング


1984年発売
体高:約36.5cm
ウルトラ怪獣シリーズのビッグ版という位置付けなのでしょうか?他の怪獣としては、ゴモラとバルタン星人が発売されています。
大きくて迫力はありますが、リアル感はありませんね!?
バンダイポピー事業部製です。
後にタグ付きで再販されていますが、塗装は若干異なります。

【ブルマァク】レッドキング二代目(新復刻) スタンダードサイズ


2013年発売
体高:約24cm
ブルマァク新復刻のレッドキング二代目です。(新復刻という言葉の意味が良く分かりませんが)
首から下は昔のブルマァクソフビと同じで、首だけ二代目新造形です。

【マルサン】世紀のどくろ怪獣レッドキング450ゴールドイエロー


2013年発売,体高:約31cm
造形やカラーリングはスタンダードサイズを模していますが、大きさはジャイアントサイズです。
他に蓄光無彩色版や蓄光彩色版(イベント限定販売)もあります。
[2013/10/17] (新)マルサン | TB(0) | CM(0)

【バンダイ】復刻限定!ウルトラ怪獣(ブルマァクスタンダード)



1989年発売
体高:約24cm
後に発売されるウルトラマン生誕25周年記念復刻ソフビと本体は同じですが、タグだけ違います。

【X-PLUS】大怪獣シリーズ(2代目リボーン)


2012年発売
体高:約25cm
初代と同様に、2代目もリボーンされました。前作は出来が悪かったですからね。今回のは、なかなか良いと思います。
少年リック限定Ver.には水爆探知機が付くのですが、そんなのは要らないので通常Ver.を購入しました。
[2012/03/03] X-PLUS | TB(0) | CM(0)

【X-PLUS】大怪獣シリーズ(初代リボーン)

↑少年リック限定Ver.には岩が付きます。
↑2011年発売,体高:約25cm
既リリース済みなれど、出来の悪い物を色々とリボーンしているX-PLUS。
レッドキングも、前作の関節可動品の出来が酷過ぎたのでリボーンされました。
でも、今回のも 『良い出来』 なのか?!蛇腹の墨入れが薄過ぎると思います。
前作よりも価格は格段に上がっているのですから、それに見合った塗装にして欲しかったものです。
まぁ、通常Ver.はオークションで定価よりもかなり安く買えましたけどね。
[2012/02/26] X-PLUS | TB(0) | CM(0)

【マーミット】怪獣天国 レッドキング2代目


2011年発売
体高:約25cm
通販限定販売品
[2012/02/19] マーミット | TB(0) | CM(0)

【円谷ウルトラ怪獣友の会】復刻版(マルサンスタンダード)


1989年発売
体高:約24cm
雑誌『宇宙船』の誌上限定販売品です。
足の裏には、『’89』とシリアルナンバーがマジックで記入されています。

後のブルマァク復刻版怪獣シリーズと異なり、本品はの刻印付きです。

【ポピー】復刻版怪獣シリーズ(ブルマァクスタンダード)


2005年発売
体高:約24cm
発売元がバンダイからポピーに変わり、蓄光素材で販売されました。意外な事に、この色合いがオリジナルに近いような気がします。
足の裏には、『POPY』と印刷されています。
[2011/09/24] (新)ポピー | TB(0) | CM(0)

【CCP】怪獣無法地帯セレクション


2004年発売(ネット通販限定)
体高:28cm
原型は怪獣無法地帯製作のMonster Classicsです。
という訳で、ガレージキット(レジンキャスト)を元に、CCPが塗装済みソフビとして発売しました。勿論、原型は良いのですが、塗装はイマイチというか、もっと頑張って欲しかったですね。
[2011/05/28] CCP | TB(0) | CM(0)

【マーミット】大怪獣リアルソフビキットシリーズ


2004年発売
体高:約21cm
塗装済みの組み立てキットです。
股の所に“T.OISHI”原型師(大石透)のネームが刻印されていて、ちょっと目障りです(足の裏にしろって感じです)。
何だか、ビリケンソフビの縮小版のような感じですが、出来の良さは、ビリケンの方が数段上ですね。
[2011/01/04] マーミット | TB(0) | CM(0)

【アート・ストーム】フューチャーモデルズ(フィギュア王誌上限定)


2008年フィギュア王誌上限定販売
体高:約25cm
怪彗星ツイフォントリオがセットで販売されました。
ヘッダーにもフィギュア王誌上限定版と書かれています。

【アート・ストーム】フューチャーモデルズ


2006年発売
体高:約25cm
これは、着ぐるみではなく楳図かずおの画を元に作られた物です。
イベント限定販売でしたが、造形も良いし値段も安めだったと思います。
ヘッダーは袋に入れたまま、閉じられずに売られました。

【X-PLUS】大怪獣シリーズ(初代)


2006年発売
体高:約24cm
関節可動式って好評なんでしょうかね?
少なくとも、首をボールジョイントにしても、殆ど動かない(動かす必要もない)し、プロポーションは大いにカッコ悪くなっていると思います。同様に尻尾も殆ど動きません。
塗装がなかなか良いだけに、非常に残念に感じます。
[2010/12/23] X-PLUS | TB(0) | CM(0)

【X-PLUS】大怪獣シリーズ(2代目)


2006年発売
体高:約24cm
初代に続いて発売された2代目です。こちらもブリスター入りで発売されました。
サタコレよりも大きいですが、出来も値段も完全に負けています。
[2010/12/23] X-PLUS | TB(0) | CM(0)

【バンダイ】DXウルトラ怪獣シリーズ


1992年発売
体高:約36.5cm
DXってデラックスでしょうね?大きくて迫力はありますが、豪華なのかな?
本品はタグ付きの再販になります。
初版(1984年)は、箱入りで販売されたのでタグはありません。

【ラナ】サウンドマネーバンク


2000年発売
体高:約25cm
お金を入れると音が出る貯金箱です。
[2010/11/14] ラナ | TB(0) | CM(0)

【バンダイ】B-CLUB復刻版怪獣シリーズ(ブルマァクスタンダード)


1999年発売
体高:約24cm
ウルトラマン生誕25周年記念の復刻版とは、ちょっと塗装が違いますね。
足の裏には、『バンダイ』と印刷されています。以前に発売された復刻版は、シールが貼られていただけでしたが、そのシールを剥がしてしまうと、復刻版との区別がつき難くなる事への処置でしょう!?

【ノスタルジックヒーローズ】電動怪獣倶楽部(電動サイズ)

2004年発売
体高:約22cm
マルサンのリモコンプラモデルを模した物のようですね!?
このメーカーのソフビは、造形にオリジナリティーが無くて、面白味がありません。

2006年発売
今度はウルトラマンとセットで、リペイント販売されました。
メーカー
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。