模型/玩具収集記録

【バンダイ】ウルトラマンVS四大怪獣セット

1988年発売
体高:約9.0cm
初代マン,レッドキング,ゴモラ,バルタン星人,ゼットンのセット販売品
恐らくバトルボックスを原型にして、型を作製したのではないでしょうか?比べると若干小さいようです。
バトルボックスは足の裏の刻印が1983ですが、こちらは基本的には1988になっています。
(一部、この成形色で1983刻印の物も有ります→)

【バンダイ】不滅の怪獣セット

2006年発売
体高:約10.0cm
人気怪獣・怪人が8体セットになっています。
対決セットソフビ道とは別型ですが、よく似ています。
200円×8体=1,600円くらいが適正価格では?定価3,200円は高過ぎるでしょう!?スタンダード塗装

【バンダイ】ウルトラ怪獣11(イレブン)

発売年不明
体高:約6.4cm
ポピー事業部製だけに、メガトンザウルスの縮小版のような感じです。パッケージ写真は彩色されていますが、製品は未彩色です。ガレージキットの様に、自分で塗装して楽しんで下さい!という商品でした。

【バンダイ】貯金箱

発売年不明
体高:約17cm
陶器の貯金箱です。

【バンダイ】灰皿

発売年不明
体高:約8.3cm(レッドキング部分)
陶器の灰皿です。

【バンダイ】びっくらたまご

2008年発売
体高:約3.5cm
入浴剤の中から怪獣が出てきます。
ウルトラ怪獣ソフビを縮小して、頭身のバランスを調整したような感じですね。

【バンダイ】ちゃ卵ぽ卵レッツキング


1987年発売
体高:約7.6cm
レッドキングという記載は無いですが、円谷プロの版権を取得していますので、レッドキングと判断しています。

←体高約2.0cmの塩ビの小さいのが付属しています。

【バンダイ】大怪獣バトル図鑑02

2007年発売
体高:約5.8cm
このサイズでも凹部に墨入れしてあって、塗装は頑張ったと思います。(但し、墨入れがキツ過ぎるとは思いますが)

【バンダイ】SUPERキャラクターBALL

1994年発売
体高:約2.8cm
弾みません(スーパーボールではありません)
トミーの怪獣ボールのようなデフォルメセンスが、コチラは全く感じられませんね

【バンダイ】ザ・怪獣シリーズ

1983年発売
体高:約14cm
ゴムの塊です。
一応、目玉だけ着色してあります。

【バンダイ】ウルトラマン倶楽部

1988年発売
体高:約6.4cm
全6種の内の1つ
この目に入った線は何でしょうか?瞳?レッドキングと言えば、真っ黒な目が印象的ですが、これは何?

【バンダイ】ウルトラマンソフビ道其の三

2002年発売
体高:約9.2cm
ベンダー機ではなく箱売りされましたが、HGシリーズです。ブラインドボックス全8種の内の1種です。

【バンダイ】ウルトラヒーローバトルボックス ウルトラマンSET

1983年発売
体高:約9.3cm
初代マン,レッドキング,ゼットン,メフィラス星人,バルタン星人のセット販売品

【バンダイ】円谷倉庫


↑こちらは、レッドキング(2代目)カラーです。

↑こちらは、アボラスカラーです。

2008年発売
体高:約7.7cm
ブラインドパッケージ全8種(+シークレット)の内の2種です。
なかなか面白い商品で、初代レッドキングとレッドキング2代目とアボラスの頭を付け替えられます。

【バンダイ】ビーコロ隊


1988年発売
体高:約2.8cm
本体はプラ材質みたいです。パチンコ玉が入っていて、よく滑ります。

【バンダイ】究極大怪獣 第五集

2008年発売
体高:約12.5cm
造形はなかなか良いと思います。
でも、塗装は“究極”とは言い難いと言うか、程遠いですね!蛇腹の凹部の青いスミイレが、もっと全体的に施してあれば、良かったと思うのですが・・・。
¥840のブラインドパッケージですから、欲しい物がなかなか出ないと非常に辛いですね。全6種の内の1種

【バンダイ】特撮ギャラリー

1998年発売
レッドキング体高:約5.5㎝
食玩の怪獣戯画と比べても、特撮ギャラリーの1500円は、高過ぎですね!?

【バンダイ】水鉄砲

発売年不明
体高:約20.5cm
詳細は分かりませんが、足の裏のシールがセブンなのでかなり古いようです。
ちょっと、目の位置が下過ぎますね!?

脇の下から給水して、口から水を出します。レバーは股の部分にありますが、持ち難いし実際に遊ぶのには向かないと思います。

【バンダイ】怪獣標本

2009年発売
体高:約18.5cm
細部まで着ぐるみの再現に拘った商品という事でしたが・・・
造形的にはポーズがカッコ悪く躍動感が全くありません。
頭をクリア素材にした為に、頭と体の色がハッキリと違うし、マスキングが甘く目の縁が塗られていません。体全体の青い墨入れがハッキリし過ぎです。塗装は全くダメだと思います。
オークションでは、予想通り安値で投げ売りされていました。そもそもウルトラ怪獣シリーズが¥840なのに、これで¥3,675の価値はないでしょう!?
箱は、なんだが高級そうです。
メーカー
検索フォーム